関西ばら会

長居公園にて「やさしいばらの育て方」の講習会を原則偶数月・第1日曜日・14時~16時に開催しております(要予約 教材費200円必要 お申込み 花と緑と自然の情報センター 06-6694-8788 )また、常時会員の募集を行っています。Mail: kansaibarakai@yahoo.co.jp にお問い合わせください。

関西ばら会です! 長居公園内「花とみどりと自然の情報センター」にて「やさしいばらの育て方」の講習会を行っております。(要予約 教材費200円のみ必要 原則偶数月 第1日曜日 14:00~16:00 お申込み・お問い合わせ 花と緑と自然の情報センター 06-6694-8788) Mail: kansaibarakai@yahoo.co.jp

一番花ほぼ終了

快晴の土曜日でした。

各地で夏日を記録したようですが、我が明石は例によって「海風」が吹き込むお陰で、今日も快適な22.8℃が最高気温でした。

とは言え、直射日光に当たるとさすがに暑いですね。

 

今週の採花状況は、

5月21日 朝

 

5月22日 朝

 

5月23日 朝

 

5月24日 朝

 

5月25日 朝

 

今日(25日)を除き、朝6時過ぎ、15分ほどの間に庭を走り回って採花し、バケツに投げ込んで出勤します。

後の始末は家内に任せっきり。

どの花がどこに行っているのか、私は一切関知しておりません。

が、そろそろ1番花は在庫が尽きそう。

出勤前の短時間で記念写真を撮る良花も少なくなりました。

 

5月22日 アンペラトリス ファラー

この春は「ファラー」の良花がたっくさん咲きました。

例年は花の大きさが足りない「小ぶり」の品種ですが、上の22日の記念写真、右上に並んでいる4~5輪は立派な大輪でした。

この春は、「秋だけ品種」であるはずの「魅惑」にコンテストで1等を頂戴したような美花が咲き、「花が小さい」と酷評された「有馬」に大輪花が咲き、そしてこの「アンペラトリス ファラー」です。

これまでに経験のない、異様な咲き方です。。。変な気候の所為でしょうか?

 

メイド オブ オーナー

我が家で枝変わりしてツル化し、懸崖作りの一員になっています。

 

イエロー マイン

ずいぶん昔の日本ばら会の配布苗です。

 

ジェミニ

今朝咲いたジェミニです。

コンテスト期間に咲いたジェミニは全て首が垂れていましたが、ようやく上を向いて咲くようになりました。

 

コンテストと言えば、1本花競技で出品するためには、ステムの長さがどうしても60㎝以上欲しいものです。

その結果、その元の枝がダメになるのを覚悟の上で、1枚の葉も残さずにステムの生え際から採花する(「ナックル切り」と切り花業界では呼ぶそうです)ことがしばしばあります。

が、樹の勢いがあれば、切った所から芽が伸びてくれることもあります。

コンテスト採花後の発芽

これはコンテストに出品した「魅惑」です。

「樹に無理をさせたなぁ」と「罪の意識」に苛(さいな)まれていましたので、実に嬉しい発芽です。

 

その他、1番花の凋花を切り戻した所から芽が伸びていますが、

2芽伸びた芽

私はステムを1本のまま2段目、3段目と伸ばしますので、矢印の芽は掻き取ってしまいます。

1芽に制限

 

また、シュートも盛んに発生し始めました。

シュートのピンチ①

5枚葉が5~6枚展開したところで、ピンチします。

折り取った方の一番下の葉をむしり、ヒゲ芽の無いことを確認します。

シュートのピンチ②(ヒゲ芽の確認)

これならOKです。

さらに、ピンチ後、2段目として2芽以上が動くことがあります。

シュート処理(2芽が伸びた例)

私は1芽だけ残し、2段目、3段目と1本だけ伸ばして繋ぎます。

シュート処理(1芽だけ伸ばす)

ただし、シュートが非常に太い場合は、2段目で2又にし(2芽残し)、3段目以降は1芽だけ伸ばすという処理をする人もいます。

私はシュートの太さに関係なく、1本だけ伸ばす主義です。

 

今日は整体に行ったり買い物に行ったりしていましたので、あまりばらと遊んでいません。

明日は、もう少しばらと戯れることができると思います。