関西ばら会

長居公園にて「やさしいばらの育て方」の講習会を偶数月・第1日曜日・14時~16時に開催しております(要予約 教材費200円必要 お申込み 花と緑と自然の情報センター 06-6694-8788 )Mail: kansaibarakai@yahoo.co.jp

関西ばら会です! 長居公園内「花とみどりと自然の情報センター」にて「やさしいばらの育て方」の講習会を行っております。(要予約 教材費200円のみ必要 原則偶数月 第1日曜日 14:00~16:00 お申込み・お問い合わせ 花と緑と自然の情報センター 06-6694-8788) Mail: kansaibarakai@yahoo.co.jp

台風16号は……東海上通過?

この時期、気象庁の台風情報やらデジタル台風やら米軍合同台風警報センター(JTWC)などの台風情報を確認するのが、朝夕の日課になっています。 

現在フィリピンの東海上にある台風16号(ミンドゥル)は、明日から明後日にかけて急発達して910hPaまで気圧が低下する予測とはいえ、日本の東海上・小笠原方面に進むという予報。

一時は紀伊半島をかすめる予測も出ていたので、ホッとしています。

 

秋晴れの一日、庭をうろつきながら採花したり芽掻きをしたり……あまり目立った作業はしていません。

 

まずは朝イチの採花です。

f:id:kansairose:20210925195454j:plain

9月25日 朝

ツルばらに枝変わり(株変わり)したザ・マッカートニー・ローズがエエ花を咲かせています(画像左側の5輪)。

 

剪定後の新芽の伸びは、剪定時に葉が多く残っていた地植え株では順調です。

f:id:kansairose:20210925195857j:plain

9月25日 1

 

f:id:kansairose:20210925195922j:plain

9月25日 2

f:id:kansairose:20210925195946j:plain

9月25日 3

 3の画像はシーアブリス、我が家の秋の「本命選手」です。

1ヶ月先のコンテスト出品の手の内を明かすことにはなりますが……剪定日時ピッタリ、新芽の生育も順調です。

 

また、9月4日、18日の記事でご紹介した「丸坊主になったオクトーバーフェスト」は、

f:id:kansairose:20210925200739j:plain

9月25日 オクトーバーフェスト

すべての枝から新芽が出ています。

コンテストレベルの花は望めないものの、近所へお配りするレベルの花なら咲きそうです。

 

9月5日「引き続き 夏剪定」の記事で剪定のサンプルにしましたレディーサワの本日の様子です。

f:id:kansairose:20210925202031j:plain

9月25日 レディー サワ

すでに本葉(5枚~7枚葉)が7枚(矢印①~⑦)生じ、ステムの長さは50㎝以上あります。

花が咲くまでにはまだ2週間以上かかりますので、ステムはこの先さらに10㎝以上は伸びます。

つまり10月15日ころのコンテストであれば、十分に出品できる花が咲いた可能性があります。

このステムには早くも蕾が乗っています。

側雷も3つほど見えましたので、除去しました。

f:id:kansairose:20210925202633j:plain

9月25日 側雷摘み前

f:id:kansairose:20210925202732j:plain

9月25日 側雷摘み完了

明日の天気がどうなるのかわかりませんので、夕方、薬剤散布を行いました。

今週も幸いなことに、特別なターゲットはありません。

f:id:kansairose:20210925203124j:plain

9月25日 薬剤散布

フルピカ フロアブル(殺菌剤)……40cc 

ピノエースフロアブル(殺虫剤)……30㏄

アプローチBI(展着剤)……100㏄ 

水……100ℓ

新芽の葉がまだ十分に展開していませんので、既定の希釈倍率よりもやや薄い濃度で散布します。

電動噴霧器で薬をかけておりますと、小型の蛾(ヨトウガ?)が何匹か飛び立ちました。

ホソオビアシブトクチバの成虫も飛んでいます(翅の先の八の字が顕著に見えますので、見間違えることはありません)。

ちょっと薬剤散布の間が空くと、一気に新葉が食害される恐れもありますので、しばらくの間(3~4週間?)は週イチの殺虫剤散布が欠かせません。