関西ばら会

長居公園にて「やさしいばらの育て方」の講習会を偶数月・第1日曜日・14時~16時に開催しております(要予約 教材費200円必要 お申込み 花と緑と自然の情報センター 06-6694-8788 )Mail: kansaibarakai@yahoo.co.jp

関西ばら会です! 長居公園内「花とみどりと自然の情報センター」にて「やさしいばらの育て方」の講習会を行っております。(要予約 教材費200円のみ必要 原則偶数月 第1日曜日 14:00~16:00 お申込み・お問い合わせ 花と緑と自然の情報センター 06-6694-8788) Mail: kansaibarakai@yahoo.co.jp

サヨナラ~した品種たち その1

このブログ担当を引き継ぐに当たって、古い写真をあれこれ見返しました。

古いと言っても、2005年以降です。

と申しますのも、

私は大学時代から写真を趣味にしていまして、主にポートレートを撮っていました。

こだわりは 6×4.5㎝判 の中型カメラに フジクロームベルビア(RVP)

という組み合わせ。

つまりフィルム写真に愛着があり、

また、2000年ころのデジタルカメラの画質は、中型フィルムカメラよりも劣って(いると頑なに思って)いました。

で、デジカメの画像の質が上がり、このレベルなら妥協できると(偉そうに)思うようになったのが2005年というわけです。

それ以前の、フィルムに残るばらたちは……

今は書棚の片隅に置かれたまま、カビが生えています。

 

古いデジカメ写真に残る、私にとっては懐かしい品種で、

書物ではもちろん、ネット上でもあまり見られない品種、

そして、今では我が家に居なくなった(「サヨナラ~」した)品種を、

シリーズ化して紹介していきます。

 

f:id:kansairose:20210131182921j:plain

198?年 小川宏氏作出の 「もみじ狩り」 という品種です。

日本ばら会の会報「ばらだより」№426(1991年11月号)の表紙に写真があり、

どうしても入手したく思い、小川さんに直接お願いして頂戴したものだと記憶しています。

色も大きさもよかったのですが、花芯の締まりがイマイチで、

20年間ほど栽培していましたが、10年ほど前に サヨナラ~ しました。

 

f:id:kansairose:20210131201103j:plain

同じく 小川宏氏 199?年作出の 「十三夜」 です。

故・須賀正雄さんに勧められて購入した品種です。

初心者の頃、須賀さんにはコンテスト品種をたくさん世話していただきました。

この黄色に赤の覆輪は 私の最も好きな花色です。

残念なことに、3~4年栽培した後、癌腫病で樹勢が弱り、

サヨナラ~ しました。

今なら接ぎ木をして 代替わりさせるのですが、

当時はまだ その技術がありませんでした。

 

f:id:kansairose:20210131202342j:plain

「メモリアル ウェディング」

これまた 小川宏氏 19??年の作出です。

今、この画像を見ると、弁幅の広い剣弁高芯咲きで

コンテストに最適な花形だと思います。

ところが、鋭い棘が密生し、素手でステムを持つことができないほど。

「扱いにくい」という理由だけで、2~3年で サヨナラ~ してしまいました。

初心者時代の浅はかさだと 今、写真を見ると残念に思います。

それにしても 棘だらけの品種に「メモリアル ウェディング」という命名

小川さんの夫婦関係に ???といらぬ詮索をしてしまいました(笑……失礼)。