読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関西ばら会

長居公園にて市民対象の「やさしいばらの育て方」の講習会を偶数月・第1日曜日・14時~16時に開催しております(要予約 教材費200円必要 お申込み・お問い合わせ 花と緑と自然の情報センター 06-6694-8788 )

関西ばら会です! 長居公園内「花とみどりと自然の情報センター」にて市民対象に「やさしいばらの育て方」の講習会を行っております。(要予約 教材費200円のみ必要 原則偶数月 第1日曜日 14:00~16:00) お申込み・お問い合わせ 花と緑と自然の情報センター 06-6694-8788)

春の嵐

 今年一回目の春の嵐でした。関西地方では瞬間最大風速20mを超えたところがあったとか、住宅の屋根がめくれたとか、看板が吹っ飛びかけて警戒を促した場所があったとかのニュースが流れていますね。

突風が吹いた後注意したいのは、特に鉢植えや若い株で揺れてしまった場合です。根元が揺れてしまうと結構ダメージが出て、最悪枯れてしまうこともあるようです。早めに根元の土を押さえ直してあげることでダメージが軽減出来ます。一株3秒もかからない作業ですので、是非風当たりが強かった場所の株だけでもしてあげて下さい。

 

 ステムが折れた葉柄が折れた葉っぱがボロボロになったチリチリになった等被害甚大だった方もおられると思います。今回は割と早い時期の嵐だったので、庭で楽しむ分には今後展開する葉っぱがありますので、花の時期には気にならなくなるはずです。ばら展への出品を考えておられる方は心が折れかけますが、同じく早い時期だったということで、組花なら誤魔化せるはずです。誤魔化せないくらいボロボロになってしまったという方も諦めないで下さい。ブログ担当は去年の4/17の嵐で本当に壊滅しましたが、諦めなかったことで某所のばら展でなんとか残った虎の子が一本花一等をとりました(当会のばら展は本当にボロボロでしたが・・・)。

特に一般・新人の部に出そうかな?と考えてらっしゃる方は諦めるのは惜しすぎます。出品する→ベテランの講評をうけるということで飛躍的にレベルアップしますので、諦めずなんとか出品なさって下さい。半年上達を遅らせるのはもったいないです。

 

 明日(水曜日)も風が強いということです。例年のパターンですと、開花までにもう一度強い風が吹くことが多いのでお気をつけ下さい。

そして明後日(木曜日)になるかと思いますが、雨後の日射しは強烈で、しおれたり・葉焼けが起こることがあります。鉢植えは木曜日の朝までに軽く水やりをしておく、特別葉焼けが起きやすい品種(コンフィダンス等)は日よけをする、鉢なら移動させておくと安心です。雨後に水やりをしていると、我ながらバカバカしくなることがありますが、そのくらいはやらないと良い花は咲かないようです。(風に吹かれたバラは予想以上に乾燥しています)

広告を非表示にする