読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関西ばら会

長居公園にて市民対象の「やさしいばらの育て方」の講習会を偶数月・第1日曜日・14時~16時に開催しております(要予約 教材費200円必要 お申込み・お問い合わせ 花と緑と自然の情報センター 06-6694-8788 )

関西ばら会です! 長居公園内「花とみどりと自然の情報センター」にて市民対象に「やさしいばらの育て方」の講習会を行っております。(要予約 教材費200円のみ必要 原則偶数月 第1日曜日 14:00~16:00) お申込み・お問い合わせ 花と緑と自然の情報センター 06-6694-8788)

そろそろ暴風対策

 もうすぐ4月です。4月はかなりの暴風が数回関西地方を襲います。今のうちから出来る対策をしておいたほうが良いと思います。
4月の暴風に関しては、天気予報はあてになりません。突如暴風が吹くことがあるので、事前に対策をして下さい。台風クラスの強烈な風でステムがボロボロになります。

 昨年の2016年は、4/16の夜に暴風雨と予報が出ていたのですが、夜は雨だけ。安心した翌日4/17に晴れたとたんに猛烈な風が吹くという最悪のパターンで、ブログ担当の庭は壊滅しました。

http://www.jma-net.go.jp/tokyo/sub_index/bosai/disaster/20160417/20160417_toyama.pdf

 

 4月の風向きはデータを確認したところ、南風であったり北風であったりこれといって決まってないようですが、いわゆるビル風と言われる近隣の建物が作り出す風向き(+強烈になる)があるので、強い被害を受ける場所は決まっているようです。

ビル風 - Wikipedia


 鉢を移動しておく、支柱を建てる、防風ネットを使う、ハウスにするなど対策は色々あると思いますが、ブログ担当は鉢植えは陽当たりを犠牲にして風当りの少ない場所に今から疎開。「秋だけ品種」の魅惑を捧げものにして祈ることとします。
風対策の失敗例としては

  • 新苗を簡易ハウスに入れておいたら簡易ハウスが隣の家まで吹っ飛んだ(鉢ばらを四方においてガードしていましたが)
  • 雨対策も兼ねて支柱に傘をさしておいたら、支柱ごと傘が吹っ飛んだ
  • 支柱は無事だが傘が裏返って破壊されてバラをも破壊した
  • 虎の子の鉢植えを風呂場に入れて避難させ、その後シャワーを浴びたら天井からヤモリが落ちてきた

・・を経験しています。とにかく尋常じゃない暴風が吹くのでご注意を。今年は4/10から4/16の週が危険と睨んでいます。

広告を非表示にする