関西ばら会

長居公園にて「やさしいばらの育て方」の講習会を偶数月・第1日曜日・14時~16時に開催しております(要予約 教材費200円必要 お申込み 花と緑と自然の情報センター 06-6694-8788 )Mail: kansaibarakai@yahoo.co.jp

関西ばら会です! 長居公園内「花とみどりと自然の情報センター」にて「やさしいばらの育て方」の講習会を行っております。(要予約 教材費200円のみ必要 原則偶数月 第1日曜日 14:00~16:00 お申込み・お問い合わせ 花と緑と自然の情報センター 06-6694-8788) Mail: kansaibarakai@yahoo.co.jp

枝直し

 ゴールデンウィークですね、バラ達は元気でしょうか?鉢ばらは水を切らさないよう注意してあげて下さい。ブログ担当は家族サービス・到着した新苗の植え込み・枝直しとヘロヘロになっていますが、今回はその枝直しについてです。

 

 お庭で見る分や、自宅での切り花にする場合は枝直しなど必要ないかと思いますが、ばら展に出して好成績を狙う場合や、花をさしあげたりする場合は枝直しをした方が見栄えがします。自分で写真を撮ろうかとも思っていたのですが、鎌倉ばら会さんのウェブページをリンクすることで手抜きします。

鎌倉ばら会

http://mohri.la.coocan.jp/rose/

 

大月さんのばら講座−5月

「6 枝直し」をご覧ください。

 

 大月氏には昨年初めてお会いしました。ご高齢だと思うのですがお元気そのもので、今なお〇百株を栽培されているそうです。育種家としても高名な方で黄色バラの「鎌倉」、名花と評判高い「白秋」などを作出されています。

f:id:kansairose:20170505234432j:plain

 

 また比較的新しい品種の「あおい月」は、トゲが少な目で花持ちが非常に良く、緑色から黄色に変わる魅力的な品種で、ばら展で飾ると来場者に人気がある花です。

f:id:kansairose:20170313050117j:plain

 

広告を非表示にする

ひらかたパークのバラ園の一部改装

 この冬、ひらかたパークのバラ園が一部改装されました。
入ったところにある区域のバラが入れ替えられ、新しく「クールジャパン」のコーナーが設けられるようです。植えてある品種はお膝元のF&Gローズの各種(あおい等)他、ロサ・オリエンティスのバラや夜来香も植えられていました。 このコーナーは古いイングリッシュローズが多く植えられていて、ブログ担当のような者は定期的にチェックしていたので少し寂しい思いもあります。


 ザ・スクワイヤー、シュロップシャー・ラス、ペルディータ、メアリー・マクダリン、ポッタアンドムーア、プリティジェシカ、エヴリン、セント・セシリア、トロワラス等があったのを思い出します。(シンベリンやロードリー・オベロンはありませんでした)ペルディータは大阪の靭公園で、フェア・ビアンカの横にあったように記憶していますし(定期的に入れ替えがあるので今はあるか分かりませんが)、エヴリンは中之島公園にたくさん植わっていますが、他は泉南オースチンガーデンでも見られない気がします。

 古いイングリッシュローズは伸びすぎたり、はたまた弱かったり、秋の花数が少なすぎたりで欠点だらけ(でも魅力があります)なので、入れ替えは寂しいですが仕方ありません。今流行の品種が沢山植えられたので、バラファンにはまた楽しくなると思います。苗が小さすぎるのでこの春は期待出来ませんが、秋か来年春はそこそこ花が咲くと思います。


 ひらかたパークのバラ園の奥には、岡本勘次郎さんゆかりのオールドローズが保管されて植えられています。本国でももうないような品種もあるそうです。モスローズなどは目にする機会が少ないので行って見ると楽しいかもしれません。雨で濡れたモスローズ(ブラックボーイやワルトラウト・ニールセン等)は魅力的です。

雷と突風及び降ひょうにご注意を

大阪では昼頃が一番風が強い気もしますが、気象情報では夕方からということです。西風になりそうです。

気象庁 | 気象情報

雷と突風及び降ひょうに関する全般気象情報 第2号

平成29年4月29日04時58分 気象庁予報部発表

(見出し)
西日本と東日本を中心に、29日夜のはじめ頃にかけて、大気の状態が非常
に不安定となる見込みです。落雷や竜巻などの激しい突風、降ひょう、急な
強い雨に注意してください。

(本文)
[気圧配置など]  西日本から北日本の上空約5500メートルには、氷点下24度以下の寒 気が流れ込むため、29日夜のはじめ頃にかけて、西日本と東日本を中心に 大気の状態が非常に不安定となる見込みです。 [防災事項]  西日本では29日夕方にかけて、東日本では29日夜のはじめ頃にかけて 、落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨に注意してください。発達した 積乱雲が近づく兆しがある場合には、建物内に移動するなど、安全確保に努 めてください。  また、降ひょうのおそれがありますので、農作物や農業施設の管理にも注 意してください。 [補足事項]  地元の気象台が発表する注意報、気象情報に留意してください。  次の「雷と突風及び降ひょうに関する全般気象情報」は、29日17時頃 発表する予定です。

コガネムシ対策

 開花期ももうすぐですね。さて春の開花期でやっかいな虫といえばコガネムシの類の成虫です。飛来してきて花弁をむさぼり食います。白色・ピンク等薄い色で香りの良いものが特に狙われる傾向にあります。

 そこで当会会長に教わった方法をご紹介します。

f:id:kansairose:20170428060652j:plain

100円ショップで売っている、流しの三角コーナー用の水切りフィルターです。

これを被せておいたものはコガネムシの被害に全くあいません。花を傷つけることもありません。「ストッキングタイプ」と書かれているものが使いやすいと思います。サイズをいくつか用意して、花の開花に合わせて変えてください。

 

 「これは!」と思った立派な花枝の花がまっさきに被害に遭いますので、ばら展に出してみようと思うものに一度試してみてください。雨のときは傘をさすか、外してしまったほうが良いでしょう。

広告を非表示にする

組花(10本組花、5本組花、2本組花等)

 しばらく止まっていた競技種目の説明です。組花です。
組花の場合は、各花が揃っていることが重視されるようです。すなわち花の大きさ花型色調など。
5本組花・2本組花・10本組花色々ありますが、基本的には同じ考えのようです。
同じ品種で全て揃えなくてはいけないということはなくて、色々な品種を織り交ぜてよいのですが、花形や色調を揃えるという観点から、同じ品種で揃えることが多いようです。生け方(花の並び)も特に決まりはありません。ベテランは花を見てから一番見栄えのする生け方を選ぶようです。

 関西は一本花より組花を重視する伝統があったと聞いております。その理由は「一本だけならまぐれもあるが、揃えて出すのは実力がないと出来ない」ということのようです。
他、少々の葉のキズや虫食い跡は、組花だと誤魔化せるのも良いところです。

f:id:kansairose:20170222223503j:plain

f:id:kansairose:20170423215248j:plain

 

f:id:kansairose:20170204004504j:plain

f:id:kansairose:20170131210323j:plain

f:id:kansairose:20170423214842j:plain

f:id:kansairose:20170424062123j:plain

 

f:id:kansairose:20170423215001j:plain

f:id:kansairose:20170423215008j:plain

f:id:kansairose:20170129002009j:plain

水やり

 暖かくなってきました。バラも蕾がついてきた、またはもうすぐ蕾がつきそうといった状態かと思いますが、この時期はかなり(一番?)水を欲しがります。鉢植えのバラの場合、表土が乾いてから水やりと一般に言われていますが、この時期は無視して表面が濡れていても、危ないかな?と思ったら水やりをしたほうが無難です。大丈夫と思って出かけたところ、帰ってきたらグッタリと水切れをおこしていた・・・ということがよくあります。ご注意下さい。

 鉢植えの水やり頻度も今まで週に一回で大丈夫だった方も、そろそろ4日に一度とか回数を増やして下さい。4月が終わるまではある程度水を与えたほうが、バラも元気になるようです。とはいえ調子に乗ってあげすぎると、葉っぱが急に巨大化する・ステムが間延びするということになるので適量でお願いします。

 

 スタンダード仕立てのバラの根本から台木のシュートが上がってきました。こういう場合はシュートの根本から取ってください。

f:id:kansairose:20170420222807j:plain

 

 このくらいがバラ展にタイミングが合うステムでしょうか?

f:id:kansairose:20170421065109j:plain

 

 ミニつるばら、夢乙女。

f:id:kansairose:20170421065138j:plain

 

 ミニバラ、須恵姫。

f:id:kansairose:20170421065141j:plain

 

 鉢増しした新苗も大きくなってきました。支柱を立てて接ぎ木テープを外しています。シュートももうすぐ伸びてきそうな気配です。

f:id:kansairose:20170421065351j:plain

広告を非表示にする

明日は春の嵐だそうです

 関西地方は、明日4/17夕方からこの春二回目の春の嵐が来るそうです。主に南風だそうです。風対策にお気を付け下さい。

 

 今日は暖かかったですね。ブログ担当の持ち株で、ステムが伸びにくい?と言われているコンテスト向き品種は、全株ステムが伸びず蕾が見え始めました。春のばら展には出せなさそうです。昨秋は活躍してくれたのですが、その反動でしょうか?全株壊滅とは。もう一つの期待品種も、いまいちステムが頼りない感じでやきもきしています。

 

 そのばら展の日程表ですが、今週中に発送出来そうなので週末までにはお手元に届くかと思います。もうしばらくお待ちくださいませ。

 

www.osaka-info.jp